成果主義

成果主義についての研究。

メニュー| 成果主義とは | 人事評価への成果主義適用状況 | 成果主義の利点 | 成果主義の問題 | 成果測定の問題 | 成果測定の問題 | 実際に成果主義で問題が発生した企業 |

成果測定の問題

個人主義の問題

個人に成果を求めすぎると、部署の実績よりも個人の成果達成を優先しすぎて組織の利益を損ねる場合がある。他人の作業に非協力的になったり、ひどくなると部署内で足を引っ張り合ったりするのが典型的問題である。成果を求めるあまり、上司の命令が聞かれなくなるなどして内部統制に支障をきたす場合もある。これらの問題を解消する手段として、個人の評価を部署の業績評価と連動させる、部内の協力を成果項目の一つにするなどの工夫が行われているが、その場合個人への成果配分をどうするかも問題である。

文化上の問題

年功序列型の人事評価では年齢と勤続年数により職位が決まることが普通のため、年長の管理者と年少の部下という組み合わせが一般的であったが、成果主義の下では、成果を上げた年少の従業員が年長従業員を部下に持つことも珍しくない。長幼の序を重んじる文化風土からは、こうした逆転現象が従業員のストレス原因となることがある。また思考が未熟な年少の上司の中には年上の部下を持つ事で優越感を感じ、職場いじめに発展するケースも大きな社会問題になっている。

運用上の問題

表面的には成果主義を標榜しながら、実際は年功序列型であるような場合などが、これに該当する。また、「出る杭は打たれる」的な要素、即ち、横並びを善とする文化や概念も、成果主義を採用しているにも関わらず成果の出し方が難しいという矛盾した状態を生み出すことがある。

wikipedia article history license GDFL

[PR]バイトルドットコムはたらこねっと