成果主義

成果主義についての研究。

メニュー| 成果主義とは | 人事評価への成果主義適用状況 | 成果主義の利点 | 成果主義の問題 | 成果測定の問題 | 成果測定の問題 | 実際に成果主義で問題が発生した企業 |

成果測定の問題

指標設定の問題

何をもって成果とするかを決めるのは簡単ではない。指標が有効であるためには、個人の努力により達成可能であり、かつその指標の達成が会社の業績と連動している必要がある。営業職などは比較的に成果を数字で表しやすいが、人事・経理などの間接部門では有効な指標が存在していないのが実情である。

目標の短期化の問題

多くの企業では成果を1ヶ月〜半年程度の期間毎に評価するため、期間内に成果を出せる課題が優先され、長いスパンで取り組むべき課題が軽視される傾向がある。結果として、一時的に業績が上がっても長期的にジリ貧になっていくことがある。評価期間を調整する、作業の途中経過を成果として評価するなどの対策が採られる。

目標の矮小化の問題

成果が常に求められるため、研究開発など試行錯誤が求められる分野で、確実に成果を残せる取り組みが優先され、積極的な挑戦が行われなくなることがある。成果を「目標に対する達成度」として定義している企業では、同様の理由で設定される目標が小さくなってしまい、活気をなくしてしまうことがある。大きな成功にはそれに見合う報酬を与えたり(→参照:発光ダイオード訴訟)、失敗時にも何がしか成果を認めるように調整を行うことで、この問題の解決が図られている。

wikipedia article history license GDFL

[PR]アルバイトアルバイト